KANPACHI_yoko.png
JUKUSEI KANPACHI

とろり、濃厚。
日本一の海で育った

 6日間熟成のブランドかんぱち。

鹿児島県のまんなかにある錦江湾は

日本一のかんぱち漁獲量を誇ります。

 

なかでもトップクラスの漁場であり、

日本でもっとも古いかんぱち養殖の

歴史がある鹿屋市で育てられているのが、

高級ブランド魚「かのやカンパチ」。

そのおいしさを、地元の漁師たちに

「こんなかんぱち、食べたことない」

とおどろかれるほど引き出したのが、

独自の低温熟成法による

「熟成かんぱち」です。

おいしさが舌に絡む、とろり食感。

かんぱちとは思えない、濃厚な旨味。
その魅力を、ぜひご家庭で

​ご堪能ください。

熟成かんぱち
kanpachi-3.jpg
ryo3.jpg

― 開発までに3年 ―

プロデュースしたの

創作田舎料理とナチュラルなワインの店「この路」

熟成かんぱちは、創業30年、鹿屋にある「創作料理とナチュラルなワインの店​”この路”」で生まれました。

「このまちでしかつくれない料理」をつくろうと、この路のオーナーが地元の特産品である”かのやカンパチ”に着目したのが数年前のこと。いろんな調理法を模索していくなかで、地元の漁師から「かんぱちの一番おいしい食べ方」だと教わったのが、”熟成させること”でした。

試してみると、確かにうまい。しかしもっと洗練させれば、かなりインパクトのある料理になるはず。そこから、より高みのおいしさを求めて、さらなる研究の日々がはじまったのです。

S__15663132_0.jpg
1K7A5821-2.jpg

飛躍するおいしさ。熟成中に

あえて空気にふれさせる

「デキャンタージュ製法」

かんぱちに秘められた

おいしさのポテンシャルを

最大限に引きだすために、

熟成させる温度帯と湿度帯の

無数の組み合わせを

試行錯誤しながら、

研究は3年におよびました。

そしてあるとき、

熟成中に一定量の空気にふれさせると、

噛んだときに旨味がジュワッと

あふれでるような、やわらかな食感に

なることを発見。

こうして完成したのが、

”この路”オリジナルの熟成技術

「デキャンタージュ製法」です。

空気にふれさせることで

ワインのおいしさを引きだす

”デキャンタージュ”から着想を得た

この熟成法。その温度帯、湿度帯、

どのくらい空気にふれさせるかは

企業秘密ですが、これにより、

かんぱちとは思えないほど濃厚な

味わいと、とろけるような食感の

「熟成かんぱち」が完成しました。

1K7A5801-2=2.jpg

最大8倍強の

旨味を引きだした

「​熟成かんぱちカルパッチョ」と「柵(さく)」を商品化!

熟成かんぱちのおいしさを

さらに際立たせるのが、

鹿児島県産の醤油とオリーブオイルを

ベースにこの路が開発した

カルパッチョソースです。

 

このソースで

熟成かんぱちをマリネすると、

身質の総合的な旨味成分が

新鮮なかのやカンパチに比べて

なんと8倍強になることが、

鹿児島大学との共同研究で

科学的に立証されました。

HacchiのWEB SHOPでは、

いままで”この路”でしか

食べられなかったそのおいしさを、

高品質瞬間冷凍技術「フラッシュ・

フリージング」で閉じ込めた

「熟成かんぱちカルパッチョ」を

販売しています。

お酒、特に白ワインとの相性が

とてもよく、自然解凍で手軽にこの路

の味を召し上がっていただけます。

カルパッチョ(内容量目安).JPG

また、この路プロデュースの

「丸八ブランド」として、
カルパッチョと柵(さく、170g前後)、

そして柵用のカルパッチョソース

がセットになった、

「熟成かんぱち贈答用」も販売。

贈り物にも、

来客やパーティーにもお勧めの、

お得なセットになっております。